歯のホワイトニングについて

歯並びを良くしたいと同時に、歯は白くありたいですよね。
やっぱり、白い歯って、清潔感があるし、健康的で若々しい印象になると思います。

そこで、審美歯科でも有名なホワイトニングについてです。
ホワイトニングって、簡単に言えば、薬剤を使って歯を白くしていく治療法です。

歯の神経が死んでいる場合、歯が黒ずんできますよね。で、その場合は歯の内側に薬剤を注入します。

歯の神経が生きていれば歯の表面に薬剤を塗るんです。

どちらの方法も基本的には天然の歯に対して効果を発揮する治療法なんですって。
ホワイトニングは、歯の汚れや加齢が原因で、生じる変色に対応できるだそうです。

ただし、テトラサイクリン歯(永久歯に生え変わる8歳くらいまでにテトラサイクリン系の抗生物質を大量に投与された歯のことだそうです。)のように変色が強い場合にはホワイトニングでは対応できないみたいです。

通院のオフィスホワイトニングだと、上下で1回1~4万円くらいで、自宅でできるホームホワイトニングだと初期費用で約4,5万くらいのようです。

ただ、最近はテトラサイクリン歯もホワイトニングでキレイにできるみたいです。
方法としては、デュアルホワイトニングっていう治療方法のようです。

デュアルホワイトニングって、簡単に言うとホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの組み合わせたような方法なんですって。

ホワイトニング以外にもコンポジットレジンとかラミネートベニアとかの方法で歯を白くできるみたいです。歯のマニキュアとかもあるし・・・。それぞれメリットとデメリットがあるので、その辺は充分に検討する必要があると思います。

体質とかそういうのもあると思いますから、単純に金額で決めない方がいいようです。